eye

短い都市伝説を2つ程・・・。

【伝説バックパッカー】
みどりさんは売春をしながら世界各国を旅をしている伝説のバックパッカーです。

インドやパキスタンといったディープなアジア諸国で、バックパッカー相手に売春をしながら貧乏旅行を続けているという噂でした。

旅先の宿の経営者と売春をして宿代を浮かせたり、ドミトリーで出会った旅行者に体を売って旅費を稼いでいたと言われます。

髪型はおかっぱ、肌は浅黒く、幼い顔つきのため若く見えるそうですが、結構年はいっているそうで、ちょっと言動が普通ではないそうです。

服装はタンクトップにショートパンツといういかにもバックパッカ―風です。

インドとパキスタンの国境で会ったとか、宿の経営者と揉めているところを見たとか言う目撃情報があり、一昔前は彼女に会ったという旅行者も居たそうですが、現在は消息不明となっています。

【ババサレ怪談】
ある日、朝方の4時頃に眼が覚めます。

ふと窓の外を見ると、遠くの方に髪がぼざぼざでボロボロの着物を着た見知らぬお婆さんが立っています。
そして、こちらの方を恨めしそうに見ているそうです。

次の日も朝方に目が覚めてしまい、気配を感じて窓の外を見てみると昨日見たお婆さんが立っています。
そしてお婆さんは少しだけこちらの方へと近づいて来ているのです。

次の日も、その次の日も、なぜか朝方に目が覚めてしまいます。
そして、窓の外のお婆さんは日を追うごとに少しづつこちらの方へと近づいて来ています。

6日目の朝方にはお婆さんは窓のすぐそばまで来ています。

そして7日目の朝方に目を覚ますと枕元にお婆さんが座っています。

目を覚ました瞬間に「ババサレ」と3回唱えるとお婆さんは退散するそうですが、もし唱え忘れると山へと連れて行かれ、二度と家には戻って来れなくなるそうです・・・。

部屋を訪ねて来るお婆さんは昔、姥捨て山に捨てられて亡くなった亡霊で、若い人に捨てられた恨みから自分が捨てられた山へと連れて行こうとするのだそうです。

この話を聞いた人の元にもお婆さんの亡霊が訪ねて来ることがあるそうです。
もしあなたがご老人を大切に親切にしていなければ。

もしも朝方4時頃に目が覚めてしまったならば「ババサレ」というフレーズを忘れないように。

引用元:鵺速 あなたの傍の怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます