ダウンロード

私は小さい頃、祖母の家に預けられていたのだが、そこでやたら不思議な事があった。
屋根で昼寝してて、起きてから祖母がいる台所に行ったら、
「え、昼寝してた?あんたさっきまで居間で芋食ってたのに」と言われ、
居間へ行くと、床に食いかけの芋(人間じゃない歯形付き)が転がってたり。
一緒に預けられてた弟が、バケツ一杯にオタマジャクシ捕まえてきたの見て、
「そんなに飼えないし、どうせあんた途中で飽きるんだから逃しな」とオタマを全部川に返した翌日、
玄関を開けたらどでかいウシガエルがでんと座ってて、私に一礼してノシノシ去って行ったり。
近所の子達と隠れんぼしてて、残り一人がなかなか見付からずに皆で探してて、
誰かがふっと「ところで、残り一人って誰だ?」と言い出し、改めて数えてみたらちゃんと全員居て、
誰も残り一人がどんな顔だったか、どこの誰なのかわからなかったり。
一度弟が行方不明になり、町中で探してる中、
庭の小さい祠みたいなのに向かって、「弟が無事ですみますように」とお願いして振り返ったら、
そこに弟が突っ立ってた時はびっくりした。
弟は庭で遊んでた所までは覚えてるが、行方不明になってた間の記憶はまるで無いらしい。
中学生になって親元に戻り、たまに行くくらいになってからは何も起こらなくなって、ちょっと寂しい。

 

引用元:怖い話らぼ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます