21003a2cae

小学4年か、5年の夏休みだったと思う。
両親の仲がうまくいかなくなり、色々あって
半月あまり、父親の実家に預けられた。

祖父も祖母も優しくしてくれたので寂しくはなかった。
特に祖父は、釣りの好きなオレを気に入ってくれていた。
(どうもオレの父親は釣りが好きじゃなかったらしい)
今日は朝方○×の港、明日は夕方△□の磯、そんな感じで
色々な釣り場で釣りの秘訣を教えてくれた。

「アキ(←オレ)はなかなか筋が良いわ、
タケ(←父)は全然駄目だったがな...。」

そう言って笑う祖父の顔を見ると、オレも嬉しくなる。
自分でも色々工夫するし、自然に釣りが上手くなった。

752: 751 2011/11/03(木) 18:43:33.96 ID:XNK0L8ee0
そんなある日、祖父と一緒に夜釣りに出かけた。
何度か連れて行ってもらった場所だから勝手は知ってる。
さっさと支度して仕掛けを投げこみ、クーラーボックスに
2人並んで座り、祖母が作ってくれたおにぎりを食べていた。
満月から少し欠けた月が明るくて、風が涼しい。「明る過ぎる、今夜は難しいかなぁ。」と祖父は言ったが
ひっきりなしにアタリがあって、大きなアナゴ、チヌ、
それから、外道ででかいノコギリガザミ。
2個目のおにぎりを食えないほど、忙しい釣りになった。しかし、9時を過ぎた頃、急にアタリが止まった。
それに何となく変なニオイがして、気分が悪い。
「じいじ、何か変なニオイがしない?」と聞くと、
祖父は「アキ、これから俺が良いと言うまで絶対喋るなよ。
それと、誰に何て言われても絶対振り向くなよ。」という。
そして、小さい声で念を押す。「良いか、絶対だぞ。」
俺が小さくうなずくと、背後から足音が聞こえてきた。

 

754: 751 2011/11/03(木) 19:03:14.20 ID:XNK0L8ee0
それはどうやら草むらをかき分けて近づいてくる。
足音が近づいてくるにつれ、嫌なニオイが強くなった。
「よう、良く釣れてるな。」嗄れた声が響いた。
風邪をひいた子供のような、変な声。
「わしと組んだらもっともっと釣れるぞ、どうだ?」
祖父は声が聞こえていないように、黙って海を見ている。
とても怖かったが、オレも黙って海を見ていた。「あれ、こいつは何だ?」声がオレの背後から聞こえた。
ブタが鼻を鳴らすような音がして、気配が更に近づく。
ニオイがすごくて吐きそうだが、両手を握り何とか耐える。
「まだ小さいが、良い手じゃのぉ。なぁ、わしと組まんか?」
声はもう、オレの右耳のすぐ後から聞こえてくる。
今にも肩に手をかけられるような気がして体が硬くなる。

 

755: 751 2011/11/03(木) 19:05:16.29 ID:XNK0L8ee0
怖くて怖くて泣きそうだったが、必死で黙っていたら、
祖父が釣り具箱の中から煙草を取り出し、火を点けた。
そして大げさに、ふーっ、ふーっと煙を吐くと
その声が「ん~...げごご...ごっ!」と言ったきり、
背後の気配が急にパタリと消えてしまった。祖父が「アキ、もう良いぞ。」と言うので
恐る恐る振り向いたが、何もいない。ニオイも全然しない。
「あれはな、やまあら(やまわら?)だ。」
「あれの姿を見ると魅入られる。あれと一緒に行くと
魚は沢山釣れるそうだが、一度魅入られると逃げられない。
毎晩毎晩、それこそ死ぬまで釣りに連れ出されるそうだ。」
「妖怪とか精霊みたいなもの?」と聞くと、
「まぁ、そんなもんだ。魔除けに持ってて良かったが、
煙草なんぞ吸ったから気分が悪い。もう帰ろう。」と言う。

 

756: 751 2011/11/03(木) 19:08:57.94 ID:XNK0L8ee0
海岸線に停めた軽トラに向かって細い道を歩いていると
祖父は「前にあの声を聞いたのはいつだったかな...」
「タケが中学生...もう30年も前になるか。」と呟いた。
そして「まだあんなものがこの世にいるとは思わなかった。
アキは運が良かっ...いや、あれ、怖かったか?」と言う。
「うん、怖かった。とっても怖かった。」とオレが答えると、
祖父は「じゃ、もう釣りは嫌か?」と心配そうに聞く。
今思うと不思議だが、怖くて釣りを止めようとは思わなかったから、
「嫌じゃないよ。あんなの滅多に出ないでしょ?」と答えると、
祖父は「そうか、アキは強いな。」と笑ってオレの頭を撫でた。「でもな、釣りにしろ何にしろ、海は怖い所だ。」
「それを忘れると、海で命を落とすことになるんだぞ。」そう言った時、月に照らされていた祖父の真面目な横顔。
今でも1人で夜釣りをしていると時々思い出すよ。
祖父が肝臓癌で亡くなったのは、もう8年も前のことだが。

 

759: 本当にあった怖い名無し 2011/11/03(木) 20:14:39.41 ID:KhhPlP4v0
イサキは?イサキは釣れたの!?

 

761: 751 2011/11/03(木) 20:48:31.53 ID:XNK0L8ee0
>>759
え~っと、あの夏休み中、イサキは釣れなかったし
その島でイサキが釣れるって話は聞いたことが無かったな。
何かすまん、多分オレが悪かったんだ。ゴメン。

 

764: 本当にあった怖い名無し 2011/11/03(木) 22:45:47.60 ID:GEotOfS6P
>>761
759、760のやり取りはただのネタだよ。
知りたかったら、イサキは釣れたの!? でググってみ?
後悔するかもしれんがww

 

769: 本当にあった怖い名無し 2011/11/04(金) 03:59:24.43 ID:vHV3XRjx0
>>764
ググってみた。…後悔したw

 

766: 本当にあった怖い名無し 2011/11/04(金) 02:19:45.80 ID:Q/0H+uWa0
>>751-756
海の話なのに、出てきた怪がやまわら(山童?)ってのが面白いねえ
山の者だから自分で魚は釣れないのか
しかしタバコは万能アイテムだなあ、たしか蛇系にも良く効いたっけ
爺ちゃんの言いつけをちゃんと聞いて良かったね
見てしまっていたら、クネクネを見たようになってしまうんだろうか

 

767: 751 2011/11/04(金) 03:24:36.44 ID:Ro1DNwfx0
>>766
「やまわら」は、どうも「山童」だね。
このスレに書き込んだら何だか懐かしくなって
久しぶりに祖母に電話したら、
「あれは夏の間やまわら、他はかわわら。」って言ってた。
「かわわら」は河童の親戚みたいなものらしい。
海に潜って魚を捕るし、釣りも凄く上手いみたいだよ。ただ、「アレが捕った魚は片眼が抜かれてるから高く売れん。」
迷惑そうに「何で今頃そんなこと...」って言ってた。
ググったら沖縄のキジムナーに似た話が沢山あるな。
煙草と嫌なニオイの記述は見あたらないが、多分同じ怪の類だろう。
祖父母の島は九州でも南の端っこに近いからね。でも、キジムナー退散アイテムは8本足のタコ。
「タバコ」と「タコ」は1字違いだが関連あるのかな?

来年の夏は祖母の家に泊めてもらって釣りをしようと思う。

 

768: 本当にあった怖い名無し 2011/11/04(金) 03:54:54.97 ID:vHV3XRjx0
>>767
面白い話だったー。情景が浮かんできたよ。
とーちゃんが釣り嫌いだったのは、同じ体験をしたことがあったからかな。

 

770: 751 2011/11/04(金) 04:32:01.18 ID:Ro1DNwfx0
>>768
ありがと。そこんとこ、親父に聞いてみたかったが、無理だ。
あの夏、オレを実家に預けた後、首吊って死んじまったからな。
母は美形だったから、生臭い話が度々あったらしい。疑心暗鬼、かな。
祖父は母を気に入っていたが、祖母はそうでもないようだった。書き忘れてたが「やまわろ」の姿は、男には美人に見えるらしい。
「だから毎晩毎晩、連れ出される。男はみんな馬鹿。」って祖母が言ってた。
これもキジムナーとは違う点だな、河童とも違うね。さて、ここまで書いたら何かスッキリしたからもう寝るわ。
つまんない昔話読んでくれた皆、ありがとう。

イサキは釣れたの!? でググらなかったオレは勝ち組ww

 

771: 本当にあった怖い名無し 2011/11/04(金) 07:01:20.49 ID:QDCtn1XL0
>>767
>「あれは夏の間やまわら、他はかわわら。」ということは九州の人かな。鹿児島辺りだっけ?俺は沖縄出身だけど、キジムナーで生き死にがかかる
ようなドロドロした話は聞いたことなかったなぁ。
会ったという人は結構いたけど、見たとか、胸に乗られ
たとか、そんな程度だった。

 

772: 本当にあった怖い名無し 2011/11/04(金) 10:40:34.91 ID:qIrcxZKE0
>>771
キジムナーはいたずらはするけど、
本格的に悪いことはしないってイメージだね自分は東北の座敷童と似ている気がする
子供の目には見える、とかいう話もなかったっけ?
キジムナー自身が子供みたいな姿なんだったかなぁそういえば、10年以上前のダイビング雑誌に、
「キジムナーは宇宙人だった!?」という記事が載ってたw
沖縄の海底遺跡が流行してたことかもw

 

775: 751 2011/11/04(金) 21:35:09.66 ID:Ro1DNwfx0
今日は自主休講で4連休!って決めてたから昼過ぎまで就寝。
昨夜あんな書き込みをしたせいなのか、祖父と父の夢を見た。
それで、何だか色々な事を思い出した。父が死んだことで
その頃の記憶の一部を封印していたのかも知れない。やまわらの件があったのは小学5年の夏だった。やまわらの件にも懲りずw、その日も祖父と夜釣りに行き、
家に帰って、釣った魚を祖父と一緒に捌いていた。

庭先に座り、縁側の傍にある蛇口から少し水を流しながら
魚のウロコを取り、ハラワタを出し、必要なら3枚におろす。
もちろん魚の捌き方も祖父に教えてもらったんだが、
オレは何故か釣りよりも釣った魚を捌くのが得意だった。

 

776: 751 2011/11/04(金) 21:37:11.10 ID:Ro1DNwfx0
祖父はオレが魚を捌くのをニコニコしながら見ていたが、
「随分上手くなったな。アキは本当に柔くて良い手をしとる。」
「硬い手で魚捌くと身が崩れるから、柔い手の方が良い。」
「アキは釣りも上手いし、きっと良い嫁さんになるぞ。」
何か散々褒めて(煽てて)くれた。嬉しいからもっと頑張る。
40cm位のヒメジのハラワタをだそうとしたら
右手に何か硬い感触。こいつカニでも食ってたのかと思い、
胃袋を裂いてみたら小さなペンダントヘッドが出てきた。
ルビーみたいな赤い石がはまった銀色の綺麗なやつ。???え、これって???
オレはそれに見覚えがあるような気がした。
前の年、母の誕生日に父が贈ったものと同じものに見えたんだ。
妙な胸騒ぎがしたが「じいじ、こんなの出てきたよ。」と言うと、
祖父は「お~、綺麗なもんじゃな。何で魚の腹にこんな...
そう言えば指輪が入ってたこともあったぞ」と言った。

 

782: 751 2011/11/04(金) 23:03:32.67 ID:Ro1DNwfx0
そのすぐ後に、父の死を知らせる電話が掛かって来たんだ。
ふ~っ?と気が遠くなって、そこから先の事は今でも思い出せない。
あのペンダントヘッドもどうなったのか判らない。
おそらく今でも祖母の家の何処かににあると思うんだけどね。子供がいない父の妹夫婦がオレを引き取って育ててくれた。
小学6年~中学1年までの記憶はほとんど無いが、
育ての父が釣り好きで、一緒に釣りに行き始めてから
オレは「戻って来た」みたいで、中学2年の記憶からはポツポツ。育ての父母はオレを実の娘みたいに大事にしてくれて、
高校だけじゃなく、大学にも行かせてくれた。感謝してるよ。

引用元:オカルト速報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます