o0420028012096038189

すっごい昔の話思い出した!!!!
俺が小学校4年生の頃だったと思う。

うちは山陰の糞田舎でさ、夏とかクタガタとかカブト虫とか取り放題なくらいの。
で、俺らは田舎のガキらしく山の中駆けずり回って遊んでたんだ。

時代は昭和でさ、「子供が暗くなっても外で遊んでたら人さらいが来るぞ」なんちって脅されたりしてた。
実際うちの田舎でも近隣でも、子供の行方不明とかが起こってたりしたんだよな。
遅い時間に海岸行ったら絶対さらわれるって言ってたし。
ほんと昭和の少し影のある時代の話ですわ。

んでも、俺らは全くそんなこと気にしませんとばかりに、山だ海だ川だと毎日遅くまで遊びまわってたのさ。

ある日、連れのタカがとんでもないネタを仕入れてきた。
早朝にクワガタを取りに山に入った時に、1時間は山道歩いたらしいんだけど、廃棄されたような養魚溜池の跡地みたいなものを見つけたと。
昔の池か沼かを利用したっぽい、粗末で小さい池らしいんだけど、「魚がうようよいたぜ」って。

「よっしゃそこ言って釣りしようぜ!釣った魚はその場で焼いて食っちまおうぜ!」っつって、とある土曜日の午後、釣り道具と100円ライターと塩コショウを持って、俺とタカとヨシマサの3人で集まった。

チャリンコで山の麓まで、チャリを藪の中に隠して山を登ること小一時間。
細く狭い獣道を書き分けて、山の中腹にある少し開けた原っぱに出た。

「そっちを降りるんだよ」ってタカが指差した方は、一見藪か崖か分からない茂み。

俺:「おめーこんなとこ一人で降りたん?」

タカ:「いや、兄ちゃんと来た」

ヨシマワ:「マジすげーよおめーら兄弟w」

なんて言い合いながら、まさに視界もないほど覆われた藪を、それでもわずかに踏み鳴らされた足元を頼りに掻き分けながら歩いた。

藪に埋もれた斜面を降りた先は少し開けた、それでも高い樹木に囲まれた広場。
ただでさえ曇天だったのが、日の光は樹木に遮られまだ昼2時というのに薄暗い。
文字通り鬱蒼て感じ。
そこに池があって、池の辺にはこれまたお似合いの小さなボロ屋が経ってた。

半径7-8M程の池は、方々が腐って千切れてるネットがかけてあって、ネットの上には枯れ草がかかけてあった。
少しネットをずらして下を見ると、30センチクラスの魚影がうようよ動いてるの。
俺はそれよりもボロ屋が気になって、「なんか家あるよ?誰かいんじゃねーの?」と聞くと、タケは「いや、この前は誰もいなかったよ。兄ちゃんが中入って見てきたけど、廃墟だって言ってた」と。
「マジかよ大丈夫かな~?」なんて言いながら、釣りの準備を始めた。

竿を伸ばして仕掛けを作って、りんたろうミミズをエサにつけて、順番に糸を垂れる。
入れ食いだって思ってたら全く食いついてこない。
おかしいな~エサ駄目なんかな?魚デカいのがいっぱい見えるけどねって、2時間近くは糸垂らしてたかな。
でも全く釣れない。

そのうちガキの俺らは飽きてきた。
すると、それにあわせるように天気も崩れてきて、暗くなったね。
雨降りそうじゃね?帰る?どうする?帰ろうか?うわー魚焼いて食おうって思ってたのに、なんて話してたら、急にざーっと夕立が。

うわ!!っつって釣竿たたんで小屋の方へ駆け出した。

雨が強さを増してく中、ボロ屋の軒下で雨が弱まるのをじっと待つ。
すると、ヨシマサがきったねえすりガラスから中を覗きながら、「ねえ、なんか面白いもんないかな」って言い出した。

タカ:「この前兄ちゃんが入って見た時は、何もないって言ってたよ」

「入ってみねえ?」って話になって、でも鍵かかってるらしく玄関開かないから、タケの兄貴が入った方式、3人で窓によじ登って小屋の中に入ったんだ。

小屋は6帖一間のワンルーム。
畳は腐って床も抜け落ちそうな勢いの荒れ具合。
で、すっげー生臭いんだよ。
生ゴミみたいな匂いが充満してた。

家具と呼べるほどのものは何もなく、およそ生活臭というものがない。
万年床と観音開きの戸棚、小さなちゃぶ台くらい。
部屋の隅に変な薬瓶、恐らく農薬の類を入れるような茶色のガラス瓶が、散乱してたのを覚えてる。

そうこうしてるうちに雨が強みをましてきた。
ちょっと今外へ出れそうな雰囲気じゃない。

引用元:鵺速 あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます