83r83f83i83m815b83g2

祖母から聞いた話だ。

祖父はボケてからというものの、寝室から一歩も出なくなった。
そして同じ場所、同じ姿勢で一日中ボーっとしていたらしい。

介助に限界を感じた祖母は祖父を施設に預けたのだが、ある朝施設から祖父が失踪した旨の電話を受ける。
気が気でない一日を過ごした祖母が、その夜気配を感じて目覚めると、暗闇の中祖父が座っていることに気付いた。

驚いた祖母は電気をつけて祖父に何故帰って来たのか聞いた。
すると祖父は黙って正面を指差したという。いつもと同じ場所、同じ目線で。

引用元:怖いコピペ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます