eye

ホラーの実態は人間のドジが原因というのが結構あるかも、と思わせる体験談。

終戦直後の俺の爺ちゃんの体験談(婆ちゃんから聞いた)。
終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。
当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯もなく、街は真っ暗だったらしい。
しかも、爺さんは近視だったので、周囲の状況を確認しづらかった。

踏み切りを越えたあたりで、足元にゴツンと球形のものが当たる。
終戦直後の食糧難の時代、当時の日本人は家庭菜園をやって少しでも食料事情を改善するのが当たり前だった。

夏だったのでスイカの季節、爺ちゃんはスイカにつまづいたと気づいた。
『このスイカを家に持ち帰れば子供達も喜ぶな!』と思い、足元のスイカを拾い上げようとした。
『でも、踏切に捨ててあるようなスイカだし、汚いわな』と思いとどまる。

『拾おうか、そのまま放っておこうか・・・』

グダグダ悩みながら、スイカをチョンチョンと蹴って歩く。

悩んでるうちにスイカを蹴ったまま100m程度(当時は旧単位1町?)歩き、食欲も失せたので放置して帰宅した。

翌日、出勤しようと昨晩の踏切あたりを通ると、たくさんの人が集まってる。

爺ちゃん:「なにかあったんですか?」
近所の人:「昨日の夜、踏切で事故が・・・」

爺ちゃん:「ほう・・・」(終戦直後は混乱の時代で、犯罪やら事故やら珍しくなかった)

近所の人:「でもねえ、踏切には首のない遺体だけで、首が近くになかったのよ。
首だけ100m(1町)以上離れたところに転がってたって!」

爺ちゃん:「!!!!!!!!!!」

近所の人:「首だけが移動するってあり得ないし、事故に見せかけた人殺しかね?なんにしても気持ち悪いわ」

爺ちゃん:「うえっ・・・」
近所の人:「どうしたの?」

爺ちゃん:「なんでもありません。じゃあ・・・」

昨日の夜蹴ってたのはスイカなんかじゃなかった。
生首だった。
足元の物体も判別できないのかよ、爺ちゃん・・・

気分が悪くなった爺ちゃんは自宅に戻り、1~2日寝込んだ。

戦争や空襲を体験してた当時の日本人としては軟弱な人だった。
まあ、それには理由があったけど。

この『生首だけが移動した事件』、現場検証の結果で事故扱いにはなったものの、近所では噂のホラー事件になったとか。
誰にも話せなくなった爺ちゃんだが、妻(婆ちゃん)にだけ事実を伝えた。

数日後、職場復帰した爺ちゃんだが、教師だった爺ちゃんの職場は学校。

子供達は『生首だけが移動したホラー事件』で騒いでた。
爺ちゃん:「おまえらバカなことで騒いでないで、さっさと教科書を開け!」
と、威厳を保つのに精一杯だったw

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます