eye

386 本当にあった怖い名無し sage 2005/09/04(日) 04:10:52 ID:/+dbXv1P0
>>362の話を読んで思い出した。
漏れが高校の頃に郵便局でバイトしてた時の実体験。

外務で配達してたら入り口がオートロック式のマンションで書留があったので、
マンションの入り口を開けてもらう為にその人の部屋へインターホンを鳴らした。
受話器を取ったような音がしたけど、住人から返答が無かったのでそのまま待ってたら切れた。
居ないと思ったので、不在届けをポストに入れておこうとしたけど、
ポストには何かが詰め込んであり、1㎜も開かなくて、不在届けが入らない。
どうしようか凄く迷ったけど、ダメ元でもう一回インターホンを鳴らしてみた。
次は直ぐに「郵便局です、書留です。」と言うと入り口のドアが開いた。

.

387 本当にあった怖い名無し sage 2005/09/04(日) 04:14:19 ID:/+dbXv1P0
マンションの中に入ってみると丁度夕方だったので、電気は付いてなくて薄暗い。
4階建てのマンションで住人は4階だったけど、エレベーターより階段のほうが早いと思い階段で向かった。
階段は何故か1階から4階まで水浸しで、夕日が当たったのか最初見たときは赤い水溜りに見えたのでびっくりした。
でもその時はまだ全然怖くなくて「雨も降ってないのに何で水浸しなんだろ」とか思いながら4階まで上って行った。
目的の部屋に着いてピンポンしたけど、住人は出てこない。
「トイレでも行ってんのか?」と思い2分程待ってみたけど出てこない。
「来るのわかってんだから待ち構えとけよ」とだんだん腹が立ってきてピンポン鳴らしまくってドアをドンドン叩いた。
5分以上は経ったと思うけど出てこない。
ピンポン鳴らしながら「もしかして本当に居ないのか?」「じゃあ何で入り口が開いたんだ?」なんて考えると一瞬ゾクっとした。
ふと通路の奥を見てみると、誰も居ないのに人影が見える。
一気に怖くなって不在届けをドアの新聞受けに放り込んで階段で1階まで猛ダッシュ。
階段を走ってる途中おかしな事に気づいた。
あれだけ水浸しだった階段がどこも濡れていない。数分で乾くはずもないし。
更に怖くなったけど、とにかく逃げるしかない。
無事にマンションを出て入り口で靴の裏や通ってきた所を見てもやはり濡れてない。
配達が終わり郵便局に戻って漏れの担当の人に話すと「なんじゃそれw 気持ち悪いな。」と。
それ以降その住人への郵便物も無く無事にバイト終了。

引用元:怖い話クラブ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます