323ceac1-s

自称スピリチュアル・カウンセラーの友人から聞いた話です。

彼女は祖父母と両親
それに彼女と兄、隣には叔父、叔母夫婦が暮らしてるっていう
今では珍しい大家族です。

 

3年前に祖母を亡くし、
通夜は親戚一同で大きな部屋で寝たそうです。

 

深夜2時をまわった頃、
ぺたりぺたりと廊下を歩く音が聞こえたそうです。

 

全員床についているというのに
一体誰だろうかと思いましたが
彼女は何かを感じ、
起き上がるでもなく少し薄目を開けながら
その音のする方向を追っていました。

 

すると、すすすと襖が開き
細い手が戸にかかっているのを見ました。

 

ああ、お祖母ちゃんだと悟った彼女は
何も言わずただ薄目で見守る事にしました。

 

彼女の悟った通り、
死んだはずのお祖母ちゃんが
頭だけ出してゆっくり辺りを見回しながら
中に入ってきました。

 

ある程度、霊という世界に慣れていた彼女は
特に驚くでもなく寝たふりを続けていました。

 

お祖母ちゃんは
ゆっくりと自分の方に近づいてきました。

 

しかしお祖母ちゃんは彼女を通り過ぎ、
隣に寝ていた従妹に

 

「次はお前だ」

 

と言うと
またきた道をゆっくりと
ぺたりぺたり戻っていきました。

 

その4ヵ月後、
従妹は謎の病にかかり、
あっというまに亡骸となって
家に帰ってきました。

 

また同じ様に寝ていると
お祖母ちゃんが亡くなった時と
同じ事が起こりました。

 

同じ様に廊下をぺたりぺたりと歩いてきて
戸を開け、部屋に入り
今度は端に寝る叔母に

 

「次はお前だ」

 

と言い残し去っていったそうです。

 

未だ叔母は元気にしているそうですが、
彼女が言うには次は間違いなく叔母だそうです。

 

怖くないの?と尋ねましたが、
彼女は

 

「順番だからね」

 

と悟りきっていました。

 

大学でも浮いてる彼女が
いろんな意味で気になります。

引用元:怪談・怖い話2chまとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます