youkan_mein_400x300

いるらしいのだ。
今から4年前の大学3年の夏、友達3人が「心霊スポットに行こう?」と誘ってきた。

その友達たちとは、大学で知り合ったのだけど、

3人共心霊スポットに行くのが好きみたいで、よく3人でも行って
僕はまだ心霊スポットに行ったことがない。

誘われたのも初めてだった。僕は臆病だし、そんな所に行くのはくないというのは分かっていた。

だけど、行くのを断って友達たちに嫌われたりでもしたら嫌だったため嫌嫌行くことにした。

そして、約束してた21時に友達の車でその心霊スポットに向かっていた。

友達たちは「まぁ、いつもみたいに何も出ないだろ~」と楽しいそうに笑って話してたが、

僕は何となく嫌な予感もしていた。

だけど、友達に「やっぱり帰ろうよ」とも言えないし、

行ったところで聞いてもらえるわけでもないし、「じゃ~ここから歩いて帰れば」とも言われるかもしれない。

だから言わなかった。

心霊スポットに着いた。

車から降りた瞬間にものすごい鳥肌がたった。

それにすごい身体が震えた。身体も妙に重く感じた。 

友達は何も起こってなく、いつも通りだった。

友達たちは震えてる僕に気づいたらしく、「怖いんや~ 震えてるぞ」と冷やかされた。

その心霊スポットは昔病院だったところだ。

さすがの友達たちも珍しく「中には入らないでおこう」と少しビビった様子で言っていた。

正直かなりほっとした。でも震えは止まらない。

友達たちは持ってきた使い捨てカメラで建物や周辺をとり始めた。

そして友達たちが「ここで集合写真とるか~」と言いだした。

嫌だったけど、無理矢理集合写真を取らされた。

友達たちは「楽しくないし帰ろうぜ」と言いだした。

その日は何も起こらなかった。

そして数日後、友達から「この前の記念写真出来たらしいから、

みんなでいっしょにもらいに行こうぜ」と電話がきた。

そしてもらった写真をみて言葉を失った………

最後にとった集合写真の自分を合わせて4人の背後に女や男の幽霊が自分達の肩に乗っていたのです。

そしてこちらを見て笑っているのです。

その他の写真には特に何も写っていませんでした。

しかし、気持ちが悪かったので、全ての写真を処分しました。

そして数日後、あの時ことはすっかり忘れていました。

そして家夜で22時頃眠りにつきました。

そしてウトウトしていると、ふとんの上に誰かが乗ってきたみたいにかなり重さを感じました。

あの時の事が、ふと頭に浮かびました。

そして、恐る恐る目を開けました。

すると、青白い顔の女がこちらを見て笑っていました。

あまりの恐怖に気を失いました。

気付くと朝でした。

そして、大学に行くといっしょに行った3人が学校に来てませんでした。

そして、先生が教室に入ってきました。

そして、先生にあの3人は今日の朝死んでいたと聞かされました。

あの3人は親と住んでいて、みんな親が死んでいたのを見つけたらしいのです。

死亡推定時刻は昨日の夜の2時~3時らしいのです。

きっとあの時の幽霊に呪い殺されたのだと今になって思います。

自分は呪い殺されなくて本当にほっとしています。

数日後、お祓いを受けました。

2体ついていると言われました。

それ以来何も起こらず平和な毎日を送っています。

後から分かったことなのですが、死んだ友達には、4体ずつついてらしいのです。

あの時、心霊スポットに行くのを無理矢理でも止めていれば、

今でも友達と楽しい毎日を送れていたのにと後悔しています。

皆さんも心霊スポットにいくのは気を付けてください。

大切な人を亡くすかもしれませんよ。

引用元:怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます