eye

今自分中学3年生やってるんだけど、中学校2年生の1学期に入ったくらいの頃の話。

その日、けっこう強めの雨が降ってて、傘が風で持って行かれそうになったんだよね。
こりゃ警報でるんじゃね?ぐらいの強さ。自分特別霊感とかもなくて、むしろそっちの方信じてなかったんだけど、その日はなんだか肌寒かったんだよね。(雨のせいかもしれないけど)

学校の授業終わって、友達とグダグダしゃべりながら下校してて、「雨強いね」とか言ってたんだよ。友達の家について、雨強いから帰れないなぁとか思ってたら、前の道通り過ぎた人が、思い出したように立ち止まって、こっちに来るわけ。

かなり傘深くさしてたから、顔とか見えなかったんだけど、長袖着てて、ズボンも長いのはいてるんだよ。いくら寒いって言っても、もうすぐ7月にはいろうかって時に、そんな恰好してたから、なんか変だなって思ったんだけど、目も合わさないようにして、無視してたんだ。

友達が小声で、「知り合い?」みたいな事聞いてきたんだけど、ほっとけよみたいな感じで、答えたわけ。ちょっと顔上げたら、すぐそこまで来てて、明らかにこっち見てるから、さすがにここまで来て無視もわるいなと思って立ち上がって、「どうしたんですか?」って聞いたのよ。そしたらその人が、傘の中で顔をあげたんだよ。サングラスにマスク付けて、不審者かよって思ったんだ。髪の毛長かったから、女のひとってのは分かったんだけどね。

その人が、マスク越しにくぐもった声で、「私キレイ?」って聞いてくるんですよ。ほんとにもう吹き出しそうになって、どっかの幽霊さんかよって思いながら、「マスク付けてるんで、良くわかりません」って大真面目な顔して受け答えしたの。じゃあそばにいた友達が、何んともなさそうに家の中に入って行っちゃうから、待ってくれよとか思いながら、あからさまにイライラしてますオーラを出してたの。

そしたらその人、サングラスを取って、また「私キレイ?」って聞いて来るんです。正直ウザイなって思いながら、でも結構目元が可愛いから、「おきれいですね」て答えたのよ。じゃあ、傘をまた深くさしなおして、マスクを取ったんだよ。あ、良くあるパターンだ、とか思いながら、ちょっと笑ってたんだよ。傘深くしたまんま、「私、キレイ?」ってまた聞くから、「顔をあげて下さい」って言ったの。じゃあ、分かったわつって、傘をあげたんだよ。

なんか見覚えがあるなって思ったら、俺のクラスの結構仲良かった女子で、「あはは、びっくりした?」って聞いてくるから、なんだよ、とか言って、普通に受け流そうとしたの。んで、その女子も一緒に歩いてくる感じで、ついてくんなよって言おうと振り返ったの。もちろんその女子はそこにいたんだけど、問題はその後ろ。背中で半分くらい隠れてたんだけど、髪の長い女の人が、ニタァって笑いながら、その女子にしがみついてんのよ。

あ、これマジの方だって思って、「ごめん帰るわ」つって速攻家に帰った。話してた友達に電話して、事情説明したんだよ。そしたら、「後ろって何のこと?てか今日お前部活だったろ?一緒に帰れるわけないじゃん。夢でも見てたのか?」って笑いながら切られたわ。

そのあとその女子にも確認したんだけど、何の事?的な感じで軽く流されて、困ってるのは俺一人。

何だったんだろ。

引用元:てら・・・怖す。

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます