images

数年前にバイトで廃材運搬の助手をしていた
日当1万とかだったから呼ばれれば授業サボってでも行ってたのだが
その日は「県外だけど3万出すよ」との事で、俺は即答で了承した
ため池を整地にするとかで、そこで出た残土を別の山にポイする内容だったが
重機の免許も無い俺の仕事は交通整理だと言われ、これで3万はラッキーって感じだった
現場に着くと、埋め立ての業者と施主?地主?だかが揉めてて、まだ水を抜いていない状態
何より、重機が入る道すら出来ていなくて俺らのダンプもギリギリ入れるかどうかで離れた駐車場で待機する事になった
結局、金は出すから明日来てくれとの事でその日はそのまま帰る事になった
それで次の日、会社に行ってみると2t車でいいとの事だから俺一人でいいか?と聞かれた
残土では無く、ちょっとした物を運んで欲しいとの事 全ては現場で指示されるらしい
まあ2日で6万も貰える事はそう無いし、何も考えずに了承し昨日の現場へと向かった
現場に着くと、何故か神主がいて祭りか?と思える感じのお祓いみたいな事をしていた
半日ほどして、ようやくお呼びが掛かりトラックを持って行くと、古い神輿みたいな物とお墓にある細長い木が大量にあった
トラック全体と俺が何やら神主にお祓いされて、助手席に神主を乗せてとある神社へと運んだ
神社で荷を降ろすと、さっさと帰れと言わんばかりに追い出され、俺はそのまま帰宅の途へついた
全く持って不思議な仕事だったな・・・と思って高速に乗り、気が付くと病院で固定しまくられていた
事故ったらしいがそこの記憶は全く無い
そして今、バイト先の会社も無い

引用元:オカルト中毒

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます