-1380164890

彼女を助手席に乗せて映画を見に行こうとしていた。
少し離れているが車で1時間ぐらいかけて大きいシネコンまで行こうということになった。
国道は混むので、山越えになるが全く混まない抜け道を走っていく事にしたんだ。

その道は山の入り口付近にお店と自販機があり、そこを過ぎると山を越えてふもとに下りるまで店がない。
山に入って少ししたところで助手席の彼女が喉が渇いたようで、なんか飲みたいって言い出しやがった。
しょうがないからさっき通り過ぎた自販機まで戻ろうと思ってUターンできる所を探した。

少し道が広くなっている所が有ったんでUターンして自販機のあった所まで引き返すことにした。
対向車も来なかったので簡単に3点ターンを決め、もと来た道を引き返した。
売店を過ぎてそんなに経っていないはずだったが、なかなか売店までたどり着かなかった。

それどころか、なぜは日が沈んであたりが暗くなってくる。
映画を見る前にお昼ご飯を食べるつもりでいたので、こんなに早く日がくれるわけはなかった。

おかしいと思いながらしばらく車を進めていると、古びたドライブインが見えてきた。
おかしい。
こんなものは見たことないし、来る途中でも通らなかった。
もちろん道は一本道、迷うわけもない。

とりあえずドライブインに入る事にした。
駐車場には何台か車も止まっているし、中にも外にも人がいるのが見える。
変な雰囲気を感じながらも、俺と彼女はドライブインの中に入っていった。

ドライブインは売店コーナー、食堂コーナー、ゲームコーナーに分かれていた。
彼女が売店で飲み物を買う間、俺はゲームコーナーに入ってみた。
ゲーム画面を見てみるとなぜか全部ゲームが古い。

ペンゴやディグダグ、1942などが置いてある。
懐かしいなーと思っていると彼女が戻ってきた。
買い物しても消費税を取られなかったらしい。

やっぱりなんかやばいような気がしてすぐに立ち去る事にした。
車に乗り込んで目的地であった映画館がある町方向へと進む。
40分ほど走ったところでいつものように山を越えることが出来た。

さっきのドライブインは何だったんだろうね、という話になった。
来る途中では通らなかったし、でもドライブインから出てからは普通に来れたし、わけが分らなかった。
なんか少し喉が渇いていたので、彼女がさっき買ったジュースをもらって少し飲んだ。

ペットボトルかと思って受け取ったそれは意外に重く、ガラスのビンで白と黒のラベルに「sasuke」と書いてある。
変わったジュースだなと思って飲んでみると、薬くさい味がして口の中が気持ち悪くなった。
それと同時になんだか頭の中も気持ち悪くなったような気がした。

引用元:鵺速 あなたの傍の怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます