eye

ケンちゃん事件(日時不明)
私は当時、新人テレビタレントだった「ケンちゃん」の仲間5人と肝試しにこのトンネルにやってきたんです。
時間はそろそろ夜の9時になる頃だったでしょうか?

トンネルの中頃に来たとき、運転席のKと、ケンちゃんが突然叫んだんです。
「みっ、見ろ、フッ、フロントを!」
フロントを見ると、トンネルの奥の方から青く光るものが近づいてきました。
何とそれは手のひらだったんです。そしてその青白い手のひらが、いきなりフロントガラスに…。

5本の指がくっきり見えました。そして、いきなり消えたんです。
だけど指紋だけはぎらぎらと燐光を放って、いつまでも残ってたんです。
Kは急いでアクセルを踏んでトンネルから出ようとしたんですが、
今度は車の屋根に、何か大きな岩でも落ちたような、ドシーンというような衝撃が来たんです。

Kはもう必死になってアクセルを踏み込んで、やっとトンネルを出たんです。
トンネルを出て少しの所に小さなガソリンスタンドがあったので、そこで少し落ち着こうと言う事になったんです。
車から逃げるようにして、そのガススタがすすたに行きました。

ところが、ケンちゃんが降りてこないんです。おかしいな、と思ってみんなで車まで戻ってみるました。
ケンちゃんはいました。助手席に銅像みたいにカチカチになって、顔を上に向けて、
両手を硬く握り締めたまま、足を踏ん張って動かないのです。
顔はニヤッと気味の悪い笑みを浮かべてるんです。
みんなで、肩をゆすったり、大声で話し掛けてみても一向に返事どころか反応もありませんでした。
まるで、何かこの世のものでもない恐ろしいものでも見てしまったかのように…。

結局、ケンちゃんは磯子のSと言う脳神経科の病院に入院してしまいました。今でもあの時の表情のまま…。

引用元:何これ・・・怖い。

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます