fuuuuuuuuuzo

勤めていた会社が倒産して以来、一年近く無職でした。30近くになって親の仕送りを当てにする生活。

もう仕事を選んでいる場合ではないと、今年3月より、マイナー風俗広告代理店の営業職に就いております。

主に仕事で出歩くのは、夜から深夜。

しかも治安が良いとはとても思われない、大○●・新大○●が受け持ち。

何度か危なそうな目に遭って、色々な意味で立ち入っちゃいけない場所などわかってきたものの、まだまだ893な経営者やDQNなマネージャーとの交渉、そしてそれ以上に、良心に心すり減らしてきました。

ぼくの担当区域あたりは、K国系、C国系のお店や人が多く、新規媒体の売り込みや、お土産にガサ入れ情報などを持って、日々回っています。

すると日本とは別の、どこか脂っこいような社会・文化を形作っている印象を受けます。外国人だから、ということじゃなく、日本人もなんか異質なんですよね。この辺り。

薄暗い路地の雑居ビルの一室にあった、『哀(仮名です)』というマッサージ店は、表向きは地味な看板一つの、中国式だか台湾式だかのマッサージのお店でしたが、本当は違法風俗店で、格安で本番ができるのが売りでした。

そういう事を臭わせるような(分かる人には分かる!?)広告を、ウチのような所が扱う媒体に打って、集客していたわけです。

当然それなりなお姉さん方がお相手なわけで、売る方も買う方も、もの悲しく思えてくるような最果ての店でした。

働いてるaさんbさんという女性は、実は日本人で、しかも姉妹であり、そこでまた、大人すぎる事情を感じさせられたりして。

ある日、件の『哀』に行った折りのこと、インターホンを押しても誰も出ません。飛んだかな?そんな事を思ってしばらくその場にいると、ドアの覗き窓が数回瞬きました。
なんだいるじゃん。

ウチとの取引金額など微々たるもの、居留守使われるほどのもんじゃないしと、「また伺います」と、名刺を添えた簡単なメモを残して、1、2時間後にまた来ることにしました。
(この界隈、知らなくてもいい事柄が多そうだし、まあ何か事情があるんだろう)

1時間くらいした頃にもう一度訪れると、何故だか踊り場の蛍光灯が切れかけていて、瞬くたびに剥げかけてめくれた壁のペンキが蠢くような、さらに嫌ぁな雰囲気になってました。

風俗店によくある、見せかけだけの華やかささえもが欠けた、店及び店周りでしたが、この時は、廃墟にでも入り込んだような気分になりました。

ドアホンを押すと、今度は扉が開きました。そこにいたのは、見知らぬヤバ気な男性で、こちらが口を開く前に、「今は間に合ってるから帰れ」と追い返されました。

しかしドアが閉められる瞬間、「助けて」というaさんの声を聞いたような…。男の背後で有線がガンガン流れていたし、自分も妙な雰囲気に飲まれていたから、何かを聞き違えただけなのか?

警察に通報を考えたものの、違法営業の店に警察を立ち入らせることになってしまい、勘違いだったら自分の責任で大事になってしまうと思いました。

まずは事情通であり経験豊富だろう上司に報告して、相談することにしました。

が、「気のせいだろう」の一言で一蹴され、なかなか上がらない営業成績の嫌味を言われただけでした。
(実は、そう言われることは予想していました。売り上げしか評価しない社風でしたから)

しかし、やはり気になります。
翌日から、一週間ほど近くを通り過ぎるようにしていましたが、路上置きの看板も出さなくなり、閉店した模様でした。

それ以上この件に深入り出来なかったのは、自宅に無言電話がかかるようになったからです。

終電を逃した日は、カプセルホテルや漫画喫茶で朝まで過ごし、朝方に着替えだけをしに帰るような感じで、その頃はそれが日常でした。

その週の土曜、日曜、久しぶりに自宅で寝ていると、深夜30分おきの無言電話…。

匿名で警察に投書しようか、とも考えていました。

しかし、飛び込みである店に顔を出した時のこと、マネージャーに名刺を渡すと、奥からオーナーらしい凄みの効いた男性が出てきて、「あんた何をやったんだい?」と言います。

「え?何もしてませんよ?」
「そうか。勘違いだったかな」

そんな会話だけで終わったのですが、『哀』のドアにメモと名刺を残してきたことを思い出しました。

やはり、あの件なんだろうか…。

無言電話の件もあるし、ひょっとして自分はマークされてる!?これでもう心が折れました。

結局、匿名の投書さえもしないまま一月過ぎてしまいました。あのaさんの訴えを黙殺してしまったのだろうか…。

わずか4ヶ月の勤務でしたが、他にも小さな「助けて」の声を黙殺してきた気がします。今日は急病ということで欠勤です。このまま退職を考えています。

この話は全てフィクションです。

引用元:超厳選怖い話ランキング

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます