13928680760001

私の父親の体験談です。

今から30年以上前の話です。

当時、母が兄を妊娠中で、平屋の貸し屋に住んでいた頃(私は生まれていません)

父と母は一番奥の寝室に寝ていたそうです。

父は霊感が強く、ちょくちょく霊体験をしていました。

その日夜中に父は金縛りにあい、仰向けのまま目だけ動く状態でした。

「疲れてるのかな」と思い、再び寝ようと思いましたが、

突然、つま先からボーリングの玉のような重い丸いモノが胸元まで転がってきたそうです。

胸元まで来るとふっと消え、またつま先から…

それが数回繰り返されたあと、金縛りは解けました。

ふと、横をみると白いパジャマの母が枕元に座っていました。

臨月だった母が不安で起きたのだと思い、父は母の手を握り

「大丈夫だから!」

と言うと、母は消えたそうです。

父は「えっ?」と思って、もう一度母の方を見ると、母は普通に寝ていて、

父が母を揺すり、「おい!おい!」と声をかけると、

「…う~ん…なぁにぃ?」

と不快そうに起きたそうです。

その時母は黒いパジャマを着ていました…。

後日、自宅近くの病院の看護士が隣の公園で首を吊って自殺したという話を聞いたそうです。

時間と日にちが、父が母と間違って手を握ったのと同じだったそうです。

父曰わく、「面識は全くないからたぶん波長があっちゃった」だそうです。

引用元:怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます