Women board a "women only" passenger train during morning rush hours in Tokyo October 7, 2011. East Japan Railway company, along with other railway companies, introduced the women only carriages in 2002 as part of efforts to tackle the problem of men who take advantage of overcrowding to grope female passengers. Picture taken October 7, 2011 REUTERS/Yuriko Nakao (JAPAN - Tags: SOCIETY)

Women board a “women only” passenger train during morning rush hours in Tokyo October 7, 2011. East Japan Railway company, along with other railway companies, introduced the women only carriages in 2002 as part of efforts to tackle the problem of men who take advantage of overcrowding to grope female passengers. Picture taken October 7, 2011 REUTERS/Yuriko Nakao (JAPAN – Tags: SOCIETY)

女性専用車両に男性が乗ってはいけいという法的拘束力がなく、国や裁判所も「誰でも乗れる」と認めている。
女性専用車両について議論をさせると、不細工な女性ほど女性専用車両の必要性や男性が乗ることについて文句をいい、かわいい、美人な女性ほど「どうでもいい」という態度になる。

女性専用車両というのは痴漢犯罪を防止するために鉄道会社が任意の協力を求めているだけで、特別料金が発生しているわけでもないため、女性しか乗れないという拘束力はない。これは国や裁判所、鉄道会社も認めている。

しかし、実際に男性が女性専用車両に乗車すると「男性は乗ってはいけない!痴漢だ!警察につきだす!」と騒ぎ立てる女性がいる。
男性でも乗っていいことを知らないことは仕方がない。
「専用車両」という紛らわしいネーミングで、任意の協力であることをアピールしていない鉄道会社に問題がある。

騒ぎ立てるのは、男性から言わせれば「誰がお前を痴漢するか!痴漢で捕まるならかわいい女性を選ぶ!」と言いたくなる、痴漢被害になど一度もあったことのないだろう不細工だけだという。

というより、女性専用車両にこだわり乗っているのは不細工しかいないらしい。

実際に痴漢被害によく遭うかわいい女性は、痴漢の防止や撃退法をよく心得ていて、もしされても「またか。油断してた。」ぐらいの感覚でしかなく、女性専用車両にこだわりをもっていない。
疲れてどうしても座りたいときだけ、空席率の高い女性専用車両に乗るらしい。

引用元:鵺速 あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます