003

週末を利用してダイビングに行って来ました。
この話は、そこのオーナーに聞いた話。

水難事故の時に警察のダイバーが出動しますよね?
ダイビングって基本は二人一組なんですけど、その時はベテランの方と、実質初めての出動、という若い方で心中現場に潜って遺体を引き上げることになったそうです。
潜航していくと、車はすぐ見つかりました。

若い方のHさんが近寄ると・・・まず、女性が見えました。
海の中ではただでさえ赤色系が見えなくなるので、顔色は真っ白。
カッと見開かれた目がHさんを見つめ、長い髪がユラユラ揺れて・・・。

「・・・やだな~」

プロでも人間。
怖いものは怖いです。
しかも新人なんだもん。
でも、プロ。

ベテランダイバーのTさんは、Hさんにドアを開けるように指示して自分は男性側にまわりこみました。

「・・・まだ男のほうがいい・・・」と、思っても始まらないのでHさん、思いきってドアを開けました。

・・・瞬間。

ぶわーっと、女の人が、抱きついてきました。

正しくいうと、浮力があるからご遺体は浮いて車外に出て、たまたま、女の人の腕が、Hさんに抱きつくような形で前に伸ばされてて、ホントにたまたま、女の人の顔が、見開かれた目が、Hさんの目の前に・・・。

「ぎゃあああああああああああ」

Hさん、たまらずレギュレーター(口に咥えるやつ)を離して絶叫してしまいました。
そして、たまらず海面めざしてまっしぐら。
上に船が通らなくて良かったです。

さて、海底に残されたTさん。
ちょっと待て、戻って来いとも言えず、仕方なく漂ってる女の人が流されないように捕まえて、男の人はシートベルトで固定して動かないようにして、”女の人”と二人で、浮上したらしい・・・・。

オーナー:「若い男の人が迎えに来てくれて、仏さん嬉しくて抱き着いちゃったんだね、きっと」

引用元:鵺速あなたの傍の怖い話

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます