03bdf7e1-s

某予備校教師から聞いた話

寝台列車で移動中、偶然友人が乗っていた。

 

当然の流れで酒盛直行。

 

かなり酔いも回ったころ、ちょうど長いトンネルに差し掛かった。
気持ちよかったので窓を開けてたそうだが、
(寝台列車って窓が開くのか?と書いてて疑問)
轟々と風の音に混じって、たしかに男の声が聞こえた。
(なんて言ったかは忘れた、スマソ)
(確か、コロスとかだったとおもふ)

 

酔いのせいかと思ったが、友人も聴こえたと言う。

 

その後、酔いが回ってそのまま寝てしまった。

 

数時間後目が覚めると友人はいなくなっていた。

 

先に降りたのだろうと思い、起き上がろうとするが、起き上がれない。

 

酔いも残っていたが、かなりの熱があった。

 

目的の駅に着いたが、頭痛と吐き気がする。

 

もともと霊感が強かったので、すぐについてきたのだとわかった。

 

家に帰るとすぐに塩で清め、お経を唱えたが熱が下がらず、三日ほど寝込んだ。

 

ようやく体調も戻ったころ、警察から電話があった。

 

友人はあの列車で会った日を最後に行方不明らしい。

 

彼の荷物は列車の中にそのまま残されていたそうだ。

 

今も行方不明だそうでせう。

引用元:2ちゃんねるのこわーい話まとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます