9ebde4bef5

引用元: ・ほんのりと怖い話スレ その22

558: 1/2 05/02/24 17:12:46 ID:YWydOAQZ0
先日車を運転していた時のこと。
ちょっと薄暗くなってきた夕方5~6時くらいだったかな。
T字路にぶつかり、右折するタイミングを待っていた。
ぶつかった道が優先道路なので私は一時停止。
夕方の渋滞で皆イライラしているのか、なかなか割り込ませてもらえない。
特に急いでいる訳でもないので、のんびり待つことにした。ふと、左の方に目をやると私の車から30メートルほど離れた辺りに
女性が立っている。

薄暗くなってきたのでハッキリとは見えなかったけど、
歩道と車道の境目にうつむいて棒立ち。
おまけに髪が長くて顔がよく見えない。
足元にはガードレールに添ってツツジが植えてあったので、
足があるかは確認できなかった。まだ夕方だから人通りもあり、その女性のそばを通り過ぎる人も何人かいた。
でも車道ギリギリの所でうつむいている彼女を見る事はない。
もしかして他の人には見えていないのだろうか…。
そこまで考えたところで、嫌な事を思い出した。

560: 1/2 05/02/24 17:15:16 ID:YWydOAQZ0

確かつい最近、女性が立っている辺りで死亡事故があったはず。
乗用車と貨物車が衝突して、乗用車に乗っていた女性が
亡くなったと聞いた。
今まで幽霊なんて見たことなかったけど、
そこで立ってる女性は『THE 幽霊』ってくらい幽霊っぽい佇まい。
もしかして…事故で亡くなった女性なのか?離れているせいか、軽く寒気を覚えたが恐ろしさは無い。
もう少し観察したくなり、私は車の周りに目をやった。
後ろに車が来ていたりしたら私はかなりの邪魔者だ。
幸いにも周囲に車はなく、目の前の道路はトロトロ走る車が続いている。
「よし…!」
再び彼女の方を見る。
その瞬間、軽い悲鳴をあげてしまったかもしれない。
彼女は顔を上げてこちらの方を見ていたのだ。
私が見ている事に気付かれてしまったのだろうか?
『早く逃げなきゃ…』しかし焦っていたため、エンストしてしまった。
もうこの頃には半泣き。
ギアを戻し、手を震わせながらエンジンをかける。
彼女はどうしているだろうか?
再び彼女の方へ目をやると、彼女はこちらに向かって走っていた!

手にはリードを持ち、ミニチュアダックスを連れて…。

561: 本当にあった怖い名無し 05/02/24 17:32:39 ID:3abuGeIE0
チャリこいでたら、道に突っ立ってたロングスカートのおばさんが
こっちに向かってえらく丁寧に頭をさげてきた。笑顔で。
全然見覚えのないおばさん。
誰彼かまわずではなく、明らかに私だけに頭さげてた。むかし、私は幽霊(?)と人間の区別があまりつかない子だったらしい。
おかしな幽霊だったのか、おかしな人間だったのか、わからないまま。

引用元:オカルト速報

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます