ゴミ屋敷

特殊清掃の仕事をしていたことがあって、自分の働いていた会社は、死人の出た部屋の掃除やペットの死体処理、ゴミ屋敷の撤去まで受注していた。

ゴミ屋敷の撤去、とりわけゴミの処分方法は地域によってかなり差がある。
法人が家屋内のゴミをトラックに積むっていう作業自体に自治体の許可が必要だけれど、この許可は、地方自治体によって紙切れ一枚とトラックがあれば誰でも取れる地域から、どんなにあがいても一般企業に許可がおりない地域がある。

自分の働いていた会社は、ゴミ屋敷の撤去を受けるにも関わらず許可がおりない地域だった。
そういう時に使う合法的にゴミを捨てる裏技があって、古物商や貨物運送の認可を使うようなものだ。

これはかなりグレーゾーンのやり方で、何よりこの裏技は、ごみをトラックで運べるだけで処分場所を確保出来る訳ではなかったものだから、処分に関しては会社によって様々だった。

その頃自分はその会社に入りたてで見習いみたいな扱いだったものだから、何処の現場で作業をする時も社長が同行してくれていた。

ある日ゴミ屋敷の仕事が入った時もそうで、営業担当が行った見積もりから一週間後に社長含む6名で行うことになった。
作業は初日にリサイクル出来る資源や物を分け二日目に積み込むという形で、予定通り二日目の夜にはトラック2台がびっしり埋まり現場は空になった。

社長とお客が精算を終えると、社長が「今日はお前に処分付き合ってもらうわ」と自分に言った。
他の従業員が普通車で事務所に戻った後、慣れない4t車を運転して社長の運転するトラックについていった。

最初は見慣れた国道だったけれど、段々と曲がって細道を抜けていくうちに行った事の無い工業地帯に入った。
道の両側には何を入れているか分からない倉庫や、看板の無い自動車修理屋のような物が見えていた。
いかにも闇だなと周りを伺いながら走っていると、車内にある無線に社長から連絡がきた。

「これからいく所は道は覚えなくていいし、誰かの顔も名前も覚えなくていい。挨拶もいらないから」

そんなな感じだった。

少し油断していた時に突然言われ、あせりながら無線で「分かりました」と言い、背中の汗が冷たくなっていくのを感じた。

そこからさらに10分程進んだところで右に曲がった。
その途端辺りが真っ暗になり、そこは私道だと気づいた。
道の両側には何もなく、社長のトラックのテールランプを頼りに進んでいった。

トラックのブレーキランプが点いた所で慌てて停車し、エンジンを切ろうとした時にまた無線が入った。

『エンジンそのままで車から降りなくていい』

返事をしようとした所で息が詰まった。
社長のトラックと自分のトラックの間に何か出てきた。

ライトに照らされたのは70歳位の老人達だった。
目の前だけで20人はいたと思う。

髪は歪に禿げていて、所々破けたシミだらけの服を着ている。
男も女もいた。

自分のトラックが揺れ始めて、その人たちの数が目の前だけではないと気づいた。
とっさにドアに鍵をかけ、社長に無線を送った。

かなり慌てていたからよく分からないことを言っていたと思う。
けれど返答はなかった。

老人達はトラックの荷台を開けると中のごみに群がって左右に放っていき、自分のトラックの揺れもどんどん大きくなっていった。

日本の底辺中の底辺、底無しの闇だと思った。
ゴミを左右に放っていく度に見える横顔はどれも無表情で、たまに出てくる生ゴミを取り合ってパーともグーとも取れない手で殴り合っていた。

ゴミを放る左右の場所はライトで照らされている筈なのに、不気味な程真っ暗だった。
何故か目から涙が出てきて、作業着の膝に額を付けて丸まった。
トラックが揺れる振動と外から聞こえるゴミを掻き分ける音が重なって、おーんおーんおーんと耳に響いた。

気がつくと音が止んでいて、頭を起こすと老人が一人だけ居てこちらを向いていた。
皺か煤か分からないようなぐちゃぐちゃの顔でニィと口角を上げていた。
歯は一本もなかった。

こちらに何か言っていた。

口の動きは会社で見慣れた『ありがとうございました』だったと思う。
老人が道から消えた所で社長のトラックが進みだし、ついて行くとまた知らない道に出たけれど、しばらくすると見知った道に出た。

その後そこに行った事や社長とその話をしたことはなかったけれど、その日の帰りに一言だけ「あそこは合法だから」と言っていた。

凄く失礼だけれど、ああなってはいけないと深く思った。

引用元:鵺速 あなたの傍の怖い話

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます