20090629082420

10年くらい前、バイクで走り屋の真似事してた頃にあった出来事。
その夜も峠道に一人で練習しに行ったんだが
調子よく走ってたら後ろから聞こえてきたサイレンと
「前のバイク、止まりなさーい」という声。
そして赤色回転灯の光。
警察に見つかったの初めてだったから、潔く停車した。
で、パトカーから降りた警官が一言。
「おい、後ろに乗ってたノーヘル(ヘルメット被ってないってことね)の女どこに逃げた?」
もう一人の警官が後ろに女なんか乗ってなかったって言ってくれるまで
その警官も後ろに乗ってたのが見えちゃいけないものだったって気づかなかったらしい。

 

俺びびりまくって
俺「麓まで一緒に来てもらえませんか」
警官「しょうがないなぁ、じゃあパトカーについてきて」
俺「いや、俺が前で!」

 

苦笑しながらも麓まで送ってくれた警察官の方には今でも感謝しています。
切符はしっかり切られて免停になったけどな。

引用元:オカルト遅報

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます