6f247700-s
昔、バイト先にたまたま車で来た人が、
そのときにバイト先に残っていた数人を
家まで送ってくれるということになった
私は悪いのでバイト先の最寄り駅まででいい、
って言ったんだけど、
いいからいいからって
家の近くまで送ってくれることになった
バイト先から家まで歩いても30分くらい、
車ならあっという間につく距離だった
でもなぜかたどり着けなかった
何回も同じ道を通ってしまい、
家へ向かう曲がり角を何度も見逃した
見逃すはずがないほど、
何度も通ったことがあるのに
他の同乗者もいたのに、
全員道がわからなくなってしまった
運転者が
「ごめんなー、運転になれてなくて」
なんていいながら
結局バイト先の最寄り駅で
おろしてもらうことになった
でも他の人も不思議に思っていたと思う
その最寄り駅で家に帰るため電車に乗ろうとしたら、
当時付き合っている彼がいた
(驚かせようとしたらしい)
そのまま車に乗せてもらっていたら
サプライズしようと思っていた彼は
駅で待ちぼうけになるところだった
(そのときは携帯を持っていなかったので)
神様が待ちぼうけにならないようにしてくれたのかも

引用元:怪談・怖い話2chまとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます