caption

オカルトではないんだけど。
なんだっけ、昔、並外れた不器量で倉に閉じ込められていた女がいた。
家から出せないほどの器量の悪さだったんだって。
で、不憫に思った親が、その不器量娘に一生に一度でいいから
男を教えよう(要は処女をもらっていただく)ともくろんだ。
考えられないほどの大金を積んで、希望者を募ったんだって。
何人かが名乗りを挙げたんだけど、どの人も「最後までイタせず」に
逃げてしまって、結局処女のままだったんだって。

.

228 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/10 00:29
そんなある時、我こそは!という勇者が現れて、
大金をいただけるならばその娘を女にしてやろう、と赴いてきたんだって。
いざ、ということになり暗い倉へ入っていった。
暗くて娘の顔が良く見えない・・・。
男は、娘の顔見たさに障子を開けてわずかな光で顔を照らした。
ところが!!!娘の顔面は見事に崩れ落ちており、
この世のものとは思えない、ふた目と見れないおぞましさだったそうな。
猛者といわれていた男は発狂し、またしても逃亡してしまった。

って、この話、不器量ではなく(まぁ結果的に不器量なわけだが)
病気だったんだけど、何て言う病名なのかどなたか分かります?

引用元:怖い話クラブ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます